水疱瘡

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

更新日:

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡になると、発疹の跡に水疱ができますが、何らかの原因で水疱が潰れると跡が残ります

水疱瘡がいつできたのか、どれ位のダメージだったのかで跡の程度も違うでしょう。

子供の頃の跡ならば、知らないうちに消えていることも多いです。

今回は、水疱瘡跡が残る原因と5つの対処法をご紹介します。

 

1.なぜ水疱瘡の跡は残るのか?

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡の跡を残さないためには、水疱瘡の跡ができる仕組を理解しておきましょう。

人によって水疱瘡の跡が残らない人もいますし、全身に残る人もいます。

どうやったら水疱瘡の跡が残ってしまうのかをご紹介します。

①水疱瘡で水疱ができる仕組み

水疱瘡は、ウイルスが原因で起こる病気です。

水疱瘡のウイルスは、帯状疱疹などのウイルスと同じで水疱ができるのが特徴です。

このウイルスは、体内に感染すると様々な臓器に感染し、神経に沿って皮膚まで到達し水疱になるのです。

スポンサーリンク

発疹から、早い場合は数時間であっという間に水疱ができるのが水疱瘡の特徴になります。

水疱は全身に広がり、頭の中から、顔、全身にできかゆみや痛みを伴うでしょう。

②水疱が破れて跡が残る

水疱瘡の水疱は、しばらくするとかさぶたになり、そのうちキレイに治ります。

しかし、水疱をかいたり、潰したりすると水疱の水分が抜けて、クレーターの様に跡が残るのです。

どうしてこのような跡になるかというと、水疱瘡のウイルスは、皮膚の奥の方にもダメージを与えるからです。

皮膚の奥から傷んでしまっているので、穴のようにへこむのです。

場所によっては気になりませんが、顔や腕など目立つところだと水疱瘡の跡は目立ちます。

③かさぶたを剥いでも跡が残る

水疱瘡の水疱は、しばらくするとかさぶたになります。

かさぶたになると、水疱瘡が治ったと勘違いする人もいるでしょう。

実は、かさぶた状態の時は、水疱瘡が治ったわけではないのです。

水疱がかさぶたになると剥いでしまう人がいますが、完全に治っていなければ、この状態でも跡が残ります。

かさぶたの時は、かさぶたになっている部分の下で皮膚が再生しているのです。

この時、無理に剥いではいけません

できれば、かさぶたが乾燥し落ちるまで無理矢理剥がさない方が良いでしょう。

 

2.水疱瘡の跡はいつ消えるのか?

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

スポンサーリンク

水疱瘡になると、誰でもしばらくは跡が残ります

しかし、人によってキレイに消える場合もあれば、残る場合もあるのです。

水疱瘡の跡はいつごろえるのか?をご紹介します。

①水疱瘡の跡が残る期間

水疱瘡の跡は、人によってかなり違います。

例えば、小さい子供が水疱瘡になった場合、かかないように気を付けていれば、数ヶ月でかなりキレイに跡が消えることもあるでしょう。

同じ位の子供でも、水疱瘡の水疱をかいてつぶしたりすると、跡が半年経ってもえないことがあります。

数年経って水疱瘡の跡が薄くなったという人もいれば、何年経っても消えない人もいるのです。

水疱瘡の水疱で受ける皮膚のダメージは個人差が大きいので、跡が消えるまでの期間は決まっていません。

ただし、できるだけ水疱瘡の跡が残らないようにしていれば、子供の場合、かなりキレイに治ることもあります。

②子供の頃の水疱瘡跡は消えるのか?

10歳までに約9割の人が水疱瘡になると言われています。

物心がつかない頃に水疱瘡になり、「水疱瘡になったようだけど、いつの間にかきれいに消えていた」という人もいるでしょう。

子供の頃の水疱瘡は、皮膚のターンオーバーが活発なため、比較的綺麗に治りやすいのです。

ただし、肌が弱かったり、水疱瘡ができている時にかいたりつぶしたりすると跡が残ります

スポンサーリンク

子供の頃にできるだけ水疱瘡の水疱をつぶさなければ、キレイに消える確率もアップするでしょう。

③大人になると跡が消えにくい理由

大人になると次のような理由から水疱瘡の跡が消えにくくなります。

  • 肌の新陳代謝能力が落ちる
  • 成長が止まっているのでダメージが残りやすい
  • ストレスや化粧などで再生しにくくなる

大人になると、子供の頃の様に肌の新陳代謝が活発に行われません。

そのため、水疱瘡など肌に大きなダメージが残る様な水疱ができると、跡がなかなか消えないのです。

特に、何らかの原因で水疱瘡の水疱が潰れ、中の水分が抜けてしまうと跡がハッキリ残ることがあります。

女性の場合は、メイクなどである程度隠すことも可能ですが、男性の場合は難しいかもしれません。

水疱瘡の跡が顔に残った場合、コンプレックスに思われる方もいらっしゃいます。

大人の水疱瘡跡は消えにくいので、跡を遺さないように気を付けなければなりません

 

3.水疱瘡の跡を残さない7つの方法

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡の跡は残さないようにある程度防ぐことができます。

ひどくなると、何年も消えない跡が残ることもあるので、水疱瘡になっている間にまずは気を付けなければなりません。

水疱瘡の跡をできるだけ残さないための方法についてご紹介します。

①水疱は絶対に潰さない

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡の水疱は、水疱瘡のウイルスがリンパ液などと一緒に皮膚の表面に出てきている状態です。

水疱をわざと面白がって潰す人もいますが、後から後悔することになるので、絶対に止めましょう。

水疱が潰れて炎症が治まるとかさぶたになりますが、皮膚にダメージが残ったままなのでへこんでしまっているのです。

全身に水疱瘡跡が残ることになりますので気を付けましょう。

特に、顔や足、腕など露出が多い場所にできた水疱瘡の水疱は、ちょっとした刺激で潰れるので気を付けて下さい。

水疱瘡の跡は何年経っても消えないケースも多いのです。

②水疱瘡の薬をこまめにつける

一般的に、水疱瘡では最初発熱があり、その後発疹や水ぶくれができます。

発疹ができてから水疱瘡だと診断されることが多いでしょう。

すぐに病院に行けば、かゆみ止めの薬や塗り薬などを処方されることが多いです。

塗り薬をもらったら、水疱の一つ一つに丁寧に塗っていって下さい

塗り薬がかゆみや炎症を抑えてくれるので、かきむしりも防止できます。

水疱瘡の跡を残さないためには、薬を塗るのが最大の予防法と言えるでしょう。

こまめにつけることで治りもはやくなりますので、しっかりと塗りこんでください。

③水疱瘡跡を残さない薬の塗り方

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡で病院に行くと、カチリという塗り薬が処方されることが多いようです。

カチリは、絵の具のような臭いを持ち、塗ると白くなるのが特徴です。

塗ってしばらくすると固まり、塗った部分が乾燥します。

水疱瘡の水疱を潰さないように塗るのが上手な塗り方です。

指で塗ると、爪がひっかかって水疱が潰れることがありますので、できれば、綿棒にカチリを付け、一つずつ丁寧に塗っていきましょう。

手間がかかりますが、水疱瘡の跡を残さない最善の方法です。

面倒くさくても、丁寧に塗り薬を塗っていって下さい。

④水疱瘡が出ているときはお風呂はNG!

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

少々の風邪で微熱程度なら、お風呂に入るのは良いですが、水疱瘡の場合、お風呂に入るのは厳禁です。

なぜお風呂がNGかというと、次のような事が考えられるからです。

・温まってかゆくなる
・ウイルスがお風呂に残る
・家族に水疱瘡がうつる
・水疱が潰れる恐れがある

病院でも医師から入浴は控えるように言われることが多いでしょう。

発疹や水疱があるうちは、タオルで優しく拭く程度にして水疱を潰さないように気を付けましょう。

水疱が落ち着いてきたら、シャワーは使ってもよいようです。

かさぶたができてきて、医師に確認してもらってからお風呂に入った方が良いでしょう。

一緒の湯船に入ると家族や周りに感染させてしまう原因になることがあるので、入浴に関しては気を付けなければなりません。

⑤保湿で水疱瘡跡を改善する

特に子供の場合は、水疱瘡の跡が残った場合、スキンケアをきちんとする事でかなり改善されることがあります。

かさぶたがキレイに取れるまでは、病院の塗り薬などを利用し、自然とかさぶたが取れてからスキンケアを行いましょう。

水疱瘡の跡は、皮膚の奥までウイルスによってダメージを受けてしまっている状態です。

お風呂上りなどにしっかりと乳液やボディークリームなどを塗って保湿しましょう

毎日繰り返すことで、だんだん水疱瘡の跡が薄くなっていきます。

大人の場合は、なかなかスキンケアだけでは改善できないことも多いです。

ただし、そんなに大きくない水疱瘡の跡ならスキンケアでかなり薄くすることは可能でしょう。

あきらめずに根気よく続けると、数ヶ月でかなり薄くなることもあります。

⑥水疱瘡の跡が残る肌は日焼けに注意

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡の跡が残っているのは、肌がかなりのダメージを受けているということです。

この状態で海など紫外線の強い場所に出かけると、水疱瘡の跡も消えにくくなります

水疱瘡が治っても、しばらくは日焼けするような外出を控えて下さい。

また、皮膚のダメージという点では、日焼けサロンや脱毛サロンも同じです。

水疱瘡の跡がまだ残っている状態で、日焼けサロンや脱毛サロンに行くのはよくありません。

皮膚にさらなるダメージを与えてしまうことになるでしょう。

サロンによっては、水疱瘡の跡を見て断られることもあります。

まずは、健康な皮膚の状態に戻すことが重要です。

⑦水疱瘡の時のメイクは控える

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

大人になってから水疱瘡を発症した方で、外出時にメイクをする方がいます。

外に行くのにノーメイクだと恥ずかしい気持ちはわかりますが、メイクをしてもいいのでしょうか?

発疹や水疱がある時にメイクをすると、跡が残りやすくなりますので、発疹や水疱がある時はメイクは控えて下さい

ファンデーションの中には油分が含まれているので、毛穴が詰まります

発疹や水疱など肌トラブルがある時にメイクをすると、さらに水疱などを悪化させることになるでしょう。

水疱瘡は人に感染するので、できるだけ外出は控え、食事はデリバリーや誰かに買い物を頼むなどしてすませるのも手です。

治るまでの期間、メイクはせずにゆっくり休んだ方が良いでしょう。

 

4.水疱瘡の跡を消す3つの方法

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡が治っても水疱瘡の跡が残ってしまったらどうすればいいのでしょうか?

今回は、水疱瘡の跡が残ってしまった場合に、消す方法をご紹介します。

①化粧で水疱瘡跡をごまかす

女性で水疱瘡の跡が気になる人は、メイクでかなりごまかすことができます。

水疱瘡の場合、シミやソバカスと違ってクレーターのようにへこんでしまいますが、メイクの方法次第でかなりカバーできるのです。

例えば、洗顔後にスキンケアを行った後、BBクリームやコンシーラー、カラーファンなどのカバー力のあるアイテムを使ってみてください。

BBファンデなどを部分的に使用することで、かなり印象が違ってきます。

水疱瘡の跡にしっかり塗ってから、ファンデーションを重ねます。

跡の部分を埋めることはできませんが、ノーメイク時よりもかなり目立たなくなるでしょう。

慣れてくれば短時間で行えますが、最初は、何をどういう風に塗ったら目立たないか試行錯誤して合う方法を見つけていきましょう

②肌のターンオーバーを促す

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡では、ウイルスによって肌の深い部分にダメージを負うため、治るのにも時間がかかることがあるでしょう。

しかし、子供の水疱瘡跡が自然に消えることが多いように、大人の肌にも多少の回復機能があります。

それが、ターンオーバーと言われる新陳代謝です。

肌の新陳代謝は、スキンケアやパックなどでも促せますが、食事や運動、睡眠などの生活習慣全般が影響します。

夜は午後10時までに寝ると、肌のターンオーバーに必要なホルモンが分泌されます。

このホルモンを出すためには、野菜から豊富に含まれるビタミン類、特にビタミンB群を摂ると良いでしょう。

肌をしっかりとターンオーバーさせれば、年齢が若いほど水疱瘡の跡が治りやすくなります。

キレイな素肌にできるだけ早く戻すために、肌の働きをどんどん活発化させましょう。

③美容整形で水疱瘡跡を消す

特に女性の中には、水疱瘡の跡がコンプレックスになっている人もいます。

そういう方は、一度、美容皮膚科などに相談してみるのも良いでしょう。

美容整形というと大げさに聞こえますが、水疱瘡の跡を消す簡単なプチ整形もあります。

例えば、レーザーを照射して、へこんでいる所を盛り上げて平らにするという方法があります。

ただし、1度レーザーを照射しただけではキレイになりません。

何度も通ってへこんでいる所を盛り上げるのです。

他にも、耳の軟骨を移植する方法などがあります。

費用は病院によって異なりますが、レーザーだと1回数千円を数回~数十回、移植手術では数十万円かかります。

水疱瘡の跡を消す治療は、美容目的になるので保険は効きません。

高額な費用がかかるケースもあるのですが、コンプレックスをずっと抱えているより良い場合もあるでしょう。

整形の方法は、個人の水疱瘡の跡によって最適な方法が異なるので、まずは美容皮膚科などに相談してみるのをおすすめします。

 

5.まとめ

水疱瘡跡が残る原因と7つの予防法+跡を消す方法まとめ

水疱瘡の跡は、できてしまうとなかなか消えません。

まずは、水疱瘡になってしまったら、跡が残らないような対策をきちんと取ることです。

まだ水疱瘡にかかっていない人は、かかってからの対策と、跡が残ってしまった時のケアを考えておくと良いです。

それでも水疱瘡の跡が残ってしまい、コンプレックスに感じることもあるでしょう。

女性の中には、かなり水疱瘡の跡を気にする人がいるのが現状です。

しかし、水疱瘡跡を解消する方法は色々ありますので、心配することはありません。

1人で悩まずに、医師などに相談してみると、案外難しくない方法で解決できることもあります。

特に、顔の跡は気になる人が多いので、悩む前にできることはないか解決法を探してみることが重要です。


関連記事

-水疱瘡

Copyright© これで治る!水疱瘡や蕁麻疹の正しい対処法はコレ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.