蕁麻疹

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

更新日:

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスを感じて蕁麻疹(じんましん)が出たことはありませんか。

これは心因性蕁麻疹と呼ばれるもので、実は多くの人が悩んでいます。

とはいえ、一時的な皮膚のかゆみや痛みと軽く考えている人が多いようです。

いったいどのような症状が出て、どのような対策を取るべきなのかご存じでしょうか。

今回は、ストレスによる蕁麻疹が出た時の治療法や対処法などをご紹介します。

1.ストレス性蕁麻疹はどうして起こるのか?

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスによる蕁麻疹を経験した人は多くいると思います。

まずは、どのような原因で蕁麻疹が起こるのかを見ていきましょう。

①ストレスが原因の心因性蕁麻疹

蕁麻疹は誰にでも起こる病気です。

蕁麻疹の中でも7割以上が特発性蕁麻疹と言われています。

もっとも多い特発性蕁麻疹の中でも、ストレスが原因の場合は約3割ほど

スポンサーリンク

これは心因性蕁麻疹と呼ばれるもので、精神的なストレスが蕁麻疹となって体に現れてくるのです。

子供から大人まで、人は日常生活でストレスを溜めこみます。

ストレスを感じている時には蕁麻疹がでませんが、家に帰ってホッとした時に症状が出るのです。

お風呂上りや家でリラックスしている時に蕁麻疹に気付いたら、心因性蕁麻疹かもしれません。

②日常的なストレス

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

蕁麻疹が出て皮膚科に行ったのに原因不明と言われて戸惑う人もいます。

その時は、ストレスが原因かもしれません。

人が感じるストレスは、不安・不満・人間関係などさまざま。

このようなストレスはすぐ解決できたり、簡単に発散できない場合が多いのではないでしょうか。

日常的にこれらのストレスを感じていて蕁麻疹が出るなら、心因性蕁麻疹の可能性があります。

病院で原因不明と言われたら、ストレスが原因と考えてみてください。

③一時的な強いストレス

日常的にストレスを感じていなくても蕁麻疹が出るケースもあります。

例えば、仕事のミスや不慮の事故などで一時的な強いストレスを感じると、自律神経が乱れて急に蕁麻疹を起こすこともあるでしょう。

ストレスの感じ方は人それぞれなので、同じ状況でも蕁麻疹が出る人とでない人に分かれます。

急に蕁麻疹が現れた場合、強いストレスを感じる出来事があったとも考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

④体が疲れている時

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスは健康状態と大きく関わっていて、疲労がたまっていると蕁麻疹になりやすいです。

疲れていると体の免疫力が低くなってしまいますよね。

こういう時にストレスを感じることで、蕁麻疹の症状が現れやすくなるのです。

普段よりも疲労を感じる時はゆっくり休んで、蕁麻疹を改善させましょう。

2.大人と子供のストレス蕁麻疹の違い

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

大人と子供ではストレスの感じ方が違います。

子供の時にストレスで蕁麻疹が出なかった人が、大人になって発症する事もあるでしょう。

大人と子供のストレス蕁麻疹の違にはどのような原因があるのでしょうか。

①大人の蕁麻疹は人間関係と仕事が原因?

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

大人は日常的にストレスを感じる場合も多く、慢性的なストレスから蕁麻疹が起こるケースも見られます。

仕事自体にストレスを感じることもあれば、職場の人間関係がストレスになっていることも多いでしょう。

皮膚科などの治療を行うのはもちろん、ストレス発散方法を身に付けたり、人間関係の改善を試みたりする必要があります。

スポンサーリンク

蕁麻疹が出るほどストレスが溜まっているのに放置していたら、いずれ精神的にもダメージを受けてうつ病などの精神病を発症する可能性も…。

蕁麻疹は、体が発するサインだと思って、正しい対策を取ってください。

②子供は親からのストレスが原因?

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

子供のストレス性蕁麻疹の原因は、友達との人間関係や学校でのプレッシャーなどもありますが、親からのストレスも多いです。

親が子供のためを思ってする行動が、かえって子供にとってストレスになっていることもあるのでしょう。

最初は、単なる蕁麻疹だと思って皮膚科に連れて行く親も多くいます。

しかし、1ヶ月以上たっても蕁麻疹が治らず、原因もわからないなら親によるストレスの可能性も考えてください。

③大人の蕁麻疹は子供に遺伝するのか?

蕁麻疹が子供に遺伝するのではないかと心配する人もいるでしょう。

しかし、蕁麻疹が遺伝することや人にうつることは、ごく一部の例外を除いてないと言われています。

特にストレス性蕁麻疹は、人によってストレスの感じ方が違うので、親が蕁麻疹でも子供がそうでないケースはたくさんあるでしょう。

まずは、ストレスを減らして蕁麻疹が改善するようにしてみてください。

④大人と子供の蕁麻疹の違いとは?

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレス性蕁麻疹の症状は、かゆみがあったりなかったり、個人差があります。

それは大人も子供も同じで、対応はケースバイケースと言えるでしょう。

ストレスの感じ方についても、同じ人でも子供の頃と大人になった後では変わってきますよね。

「子供の頃はあまりストレスを感じなかったけど、大人になったらストレスだらけ…」という人や、その逆の人もいるはず。

大人だから子供だからと決めつけず、ストレスを上手に発散して蕁麻疹を改善できる方法を見つけることが大切です。

3.ストレス性蕁麻疹の主な症状

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスを感じることで起きる蕁麻疹。

体のさまざまな場所に現れて、厄介ですよね。

ストレスによる蕁麻疹の症状にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

①ストレスによって症状が違う

ストレスによる蕁麻疹の症状は一つだけではありません

ポツポツと小さく盛り上がる時もあれば、ミミズ腫れのようになる時や症状が出ている部位全体が赤くなることもあるでしょう。

かゆみを伴わない場合もあれば、激しいかゆみを伴う場合もあるようです。

夏場などは、あせもと勘違いされることが多いので気を付けましょう。

②ストレス蕁麻疹が出やすい体の部位とは

ストレス性の蕁麻疹が出やすいのは顔や首と言われています。

紫外線が当たりやすく、女性はメイクによって皮膚自体が弱くなっているからです。

ストレスで自律神経が乱れると、まずは顔や首に蕁麻疹が出るという人もいるのではないでしょうか?

顔の蕁麻疹は意外と目立つので、早めに蕁麻疹の原因となっているストレスをなくすように対策を取ってみましょう。

③蕁麻疹と一緒に起こるストレスの症状

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレス性蕁麻疹に悩んでいる人の多くは、ほかのストレス性の症状も併発しています。

例えば、吐き気や頭痛、便秘、腹痛、不眠、肌荒れ、食欲不振など。

ストレス性の蕁麻疹が出ていて、ほかの症状がある場合はすぐにでも治療が必要でしょう。

内科や皮膚科などだけではなく、心療内科や精神科での治療が必要な場合も考えられます。

ストレスがひどくなると自律神経失調症やうつ病などの疑いも出てくるので、蕁麻疹だからと簡単に考えてはいけないのです。

4.ストレスで蕁麻疹が起こった時の病院と治療法

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

蕁麻疹で医者に診てもらう時は、どの病院や治療法が良いのでしょうか

薬だったり漢方薬だったり、症状によって適切な治療があります。

ここではストレス蕁麻疹に適した病院や治療法についてご紹介します。

①ストレス性蕁麻疹に適した病院

蕁麻疹の原因がストレスとわかっていれば別ですが、そうでない場合は皮膚科に行く人がほとんどではないでしょうか?

皮膚科はストレス性蕁麻疹の患者を多く見ているので、的確に判断してくれるでしょう。

ただし、慢性的なストレスの場合は皮膚科に通っても治らないこともあります。

ストレスは心の問題なので、皮膚科に通って蕁麻疹が改善しないなら心療内科や精神科で診察してもらうことも検討してみてください。

②ストレス性蕁麻疹の薬

ストレス性蕁麻疹は症状によって薬もさまざま。

かゆみの有無でも治療が変わってきます。

かゆみがある場合は、抗ヒスタミン薬などが処方されるでしょう。

まずはかゆみを抑えてストレスを減らすことが、治療の中心になるのです。

③ストレス性蕁麻疹に効果的な漢方

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

どの薬でもそうですが、抗ヒスタミン薬にも副作用があります。

副作用が気になる人は、漢方薬を選ぶのがおすすめ。

漢方薬は植物性原料なので体に優しく、副作用がほとんど無いのが特徴です。

ストレス性蕁麻疹に有効な漢方薬には、次のようなものがあります。

 消風散(しょうふうさん)・・・・・・・皮膚の赤みやかゆみを抑える。
 ・葛根湯(かっこんとう)・・・・・・・・風邪の症状に効く。
 ・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)・・皮膚の毒素をなくす。
 ・茵陳五苓散(いんちんごれいさん)・・・蕁麻疹や嘔吐にも効く。
 ・八味地黄丸(はちみじおうがん)・・・・乾燥肌の改善に。

かゆみが強いと、漢方薬だけで症状を抑えられないこともあるでしょう。

病院の薬と漢方薬を上手に併用してみてください。

④蕁麻疹を精神療法で改善する

一般的な蕁麻疹の場合は、一時的に治まる可能性もありますが、ストレス性の蕁麻疹はストレスの元が改善されなければかなり長い期間、続くこともあります。

その時は皮膚科だけでなく、心療内科や精神科などで薬物治療や精神療法を行うことも有効です。

薬物治療は、抗不安剤や抗うつ剤などを利用して精神の緊張状態を緩和します。

精神療法は、カウンセリングなどを通してストレス緩和を目指します。

自律神経失調症やうつ病などの予防のためにも、ストレス性蕁麻疹が長引くようならこれらの治療も検討してみてください。

5.ストレス蕁麻疹でおすすめの対処法

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレス蕁麻疹を改善するには、病院の治療以外にも対処法があります。

ここからは、ストレス蕁麻疹におすすめの対処法をご紹介します。

①ストレス発散で蕁麻疹が改善

「ストレス社会」と言われる現代、人は誰でも何らかのストレスを抱えて生活しています。

しかし、ストレスで蕁麻疹が出る人と出ない人がいるのはなぜでしょうか?

ストレスで蕁麻疹が出る人は、ストレス発散が苦手な人が多いのかもしれません。

できれば、自覚は無くてもストレスを発散する行動を日頃から積極的に行うようにしてください。

人によってストレス発散方法はさまざまです。

今はまだ見つかっていないなら、自分が心から楽しめるものを見つけておくと良いでしょう。

②環境を変えてストレスを減らす

子供でも大人でも、さまざまなことでストレスを感じています。

長い期間、ストレスで蕁麻疹に悩んでいるなら、ストレスの原因を無くすために環境を変えてみるのも良いでしょう。

引っ越し、転職、新しいコミュニティを見つけるといったことで新しい一歩を踏み出してみるのも有効です。

「たかが、蕁麻疹くらいで…」と思うかもしれませんが、日常的なストレスを改善できないまま過ごしていると、うつ病などを発症する可能性もあります。

気付いた時には深刻な状態になっていることも考えられるので、思い切った決断で環境を変えてみるのも一つの方法ですよね。

人には我慢の限界があり、蕁麻疹は体が発するサインと感じてもらえれば、自分や周囲のために何をするべきかもわかってくると思います。

③ストレスを緩和する食べ物

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスで蕁麻疹が出ている時には、食べ物に気を付けてみることもストレス緩和になるかもしれません。

ストレスを緩和する食べ物には次のようなものがあるので、お試しください。

 ・味噌
 ・
納豆
 ・
ぬか漬け
 ・
ヨーグルト
 ・
チーズ
 ・
コーヒー
 ・
ココア
 ・
チョコレート

ストレスには、乳酸菌やカフェイン、ポリフェノールが良いと言われています。

乳酸菌は、乳製品より味噌や納豆などの発酵食品が効果的なようです。

このような食品をバランスよく食べることでイライラを抑制し、健康的な食生活で改善を目指すとさらに効果的でしょう。

まとめ

大人も子供も要注意!ストレス性蕁麻疹の症状や治療法・対処法まとめ

ストレスによる蕁麻疹が出ている時は、ベストなコンディションとは言えません。

一時的な場合はまだ問題ありませんが、ストレスの場合は長期化したり繰り返したりします。

そこからさらに精神的な疾患につながることもあるので、決して甘くみてはいけないのです。

子供が蕁麻疹を繰り返し、原因がアレルギーではないならストレスの可能性が高いでしょう。

子供でも大人でも、長くストレスを感じているといつか体を壊してしまいます。

ストレスによる蕁麻疹は体からのSOSだと思って、早めの対策を取って改善を目指しましょう。


関連記事

-蕁麻疹

Copyright© これで治る!水疱瘡や蕁麻疹の正しい対処法はコレ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.