蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

更新日:

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

肌トラブルの異常のひとつ・蕁麻疹は5人にひとりが遭遇する可能性があるといいます。

もしかすると、あなたにとって他人事では済まない問題になるかもしれません。

蕁麻疹とひとくちに表現されるものの、実際にはいくつかの種類が存在し、原因もさまざまなものがあるため、まずは予備知識を得ておきましょう。

ここでは、「蕁麻疹の種類」についてご紹介していきます。

 

慢性と急性がある蕁麻疹 主な名称9種類

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

蕁麻疹の原因の多くは原因不明で、およそ7割を占めるのですが、原因が判明しているものは「急性蕁麻疹」「慢性蕁麻疹」のいずれかに分けられます。

急性蕁麻疹では、症状が発生しつづけてから収まるまでのあいだが1ヶ月(6週間)と定義されます。

一方の慢性蕁麻疹は、症状が1ヶ月(6週間)を超えて継続しているものを意味します。

急性・慢性に属する蕁麻疹の具体的な名称は下記につづきます。

① アレルギー性蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「アレルギー性蕁麻疹」とは、「接触蕁麻疹」に分類される蕁麻疹です。

スポンサーリンク

その名前のとおり身体のアレルギー反応として生じる蕁麻疹を意味し、激しいかゆみ、痛み、焼けるような感覚を伴います。

膨疹のサイズは数ミリ程度~部位を覆うほどの広範囲なものまで存在し、全身に症状がでる可能性があります。

蕁麻疹を誘発する代表的な食材では「卵・乳製品・小麦・蕎麦・落花生」が広く知られています。

そのほか、肉類、カニやエビなどの甲殻類全般、サバやサンマといった青魚、貝類、クルミ・キウイによっても引き起こされるおそれがあります。

加えて、食べ物だけでなく、防腐剤・香料・パラペンなどの食品添加物が蕁麻疹につながる場合も。

この他、アレルギー性蕁麻疹は、

  • 「薬品」(鎮痛剤、抗生物質など)を使用したとき
  • 「ハウスダスト」(ホコリ、ペットの体毛)を吸引したとき

など、「アレルゲン」が悪影響を与えているのです。

ちなみに、アレルギー性蕁麻疹は、蕁麻疹全体のうち5パーセント前後を占めます。

単なるかゆみで済むだけではなく、血圧低下によって意識を失う深刻なレベルにまで発展するおそれがあります。

② 日光蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「日光蕁麻疹」とは、「物理性蕁麻疹」に分類される蕁麻疹です。

その文字の示すとおりで日光が触れた肌に蕁麻疹があらわれます。

太陽光に含まれる「紫外線」が原因と考えられていて、紫外線が特に多くなる春から夏(4月~9月)に発生リスクが高い傾向にあります。

日光を受けた肌の奥では「ヒスタミン」がつくられ、これが毛細血管に影響して蕁麻疹に至るのです。

かゆみ、腫れ、赤みを帯びる、といった症状が10分以内に訪れる特徴があり、1時間ほど状態が継続します。

スポンサーリンク

肌質がもともと弱い方は遭遇リスクが高いので注意が必要です。

実際に遭遇した際は患部を冷やすことを考えておきましょう。

③ 人工蕁麻疹(あるいは機械的蕁麻疹)

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「人工蕁麻疹」 「機械的蕁麻疹」とも言われ、「物理性蕁麻疹」に分類されます。

肌表面への摩擦/圧力といった刺激によって引き起こされる蕁麻疹です。

  • ネックレス・ブレスレット・腕時計など、金属製アクセサリによる刺激
  • 下着や衣類に使用されているゴム部の摩擦・圧力
  • バッグのストラップ部分と身体の摩擦

…と、いった問題によって発生リスクが高まると考えられます。

このケースで生じる蕁麻疹は、さほど強いかゆみは感じられない場合が多く、症状も2時間以内に大半のケースは収束します。

頻繁に発生してしまう人の場合は抗ヒスタミン剤の処方で症状の緩和が期待できます。

④ 寒冷蕁麻疹 / 温熱蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

外気によって蕁麻疹が発生することがあるのですが、この場合は「寒冷蕁麻疹」「温熱蕁麻疹」といわれ、それぞれ「物理性蕁麻疹」に分類されます。

寒い、暑い屋外にいる場合に起こり得るだけでなく、エアコンや入浴時の皮膚の温度変化が症状を招くおそれも。

この際に肌にできる膨疹(ぼうしん)は粒状のもので、かゆみを強く感じる特徴があります。

寒冷蕁麻疹は、血行不良な人、冷たい食べ物を摂取したとき、肉付きの少なめな華奢な体型の人、寒い時期に汗をかく人、身震いするほど温度温度の人が遭遇しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

一方の温熱蕁麻疹は、肌に直接暑いものが触れたとき、長いあいだ暑い場所にいる人、冬に湯船に浸かっているとき、に注意をしておいた方が無難です。

⑤ コリン性蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「コリン性蕁麻疹」は、体温上昇に伴う「発汗」によって発生し得る蕁麻疹です。

発汗を促す「アセチルコリン」が影響していることが名称の由来となっています。

数ミリ程度の膨疹ができ、比較的強いかゆみ(もしくはヒリヒリした感覚)が伴います。

イライラし、自律神経が不安定化した際にできる汗についても、コリン性蕁麻疹へのリスクと見なされています。

小児に多い傾向がありますが、不健康・不健全な生活や精神状態である人が発症する場合もあるので、思い当たる場合は警戒しておいたほうが良いでしょう。

⑥ 心因性じんましん

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「心因性じんましん」は、特殊系に分類される蕁麻疹です。

ストレスを強く感じた直後に赤みを帯びた膨疹ができる特徴があります。

ストレスが大きい人ほど、心因性蕁麻疹に遭遇するリスクが高まります。

  • 日頃のイライラをうまく解消できていない人
  • 慢性的なストレスに悩まされている人
  • 自身の状況を客観視できない人
  • 身近な人と死別・離別した人
  • 引っ越し・転勤など、環境の変化を経験した直後の人
  • 思い込みが過ぎる人
  • うつ病などの精神疾患を抱えている人

こういったケースに該当している人ほど心因性蕁麻疹のリスクは高くなるといいます。

⑦ 色素性蕁麻疹

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「色素性蕁麻疹」は、生後数ヶ月の幼児~子供に症状が集中する蕁麻疹です。

腫れ・かゆみが強めの傾向があり、成長期の子が患った場合は痕跡が色素沈着(シミ)として残ってしまうこともあるようです。

サイズは小さいもの~全身に症状がでる状態までさまざまですが、多くの場合は成長するにつれて治癒していきます。

ただし、成長期を過ぎた人も遭遇する可能性はあり、この場合では治療が難しくなります。

⑧ 病巣感染

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「病巣感染」による蕁麻疹とは、病巣をつくる細菌・ウイルスが招く肌トラブルです。

今ある病巣に巣食うもの、死滅した組織によるもの、が蕁麻疹に発展する特徴があります。

割合でいうと、扁桃腺炎が全体の6割、口腔内(歯)に関する病気が3割を占めます。

その中でも特に「副鼻腔炎」「風邪」「虫歯」が病巣感染のリスクを高めるものとして知られおり、これらの症状と併発するケースが少なくないようです。

細菌・ウイルスは呼吸器系に影響を与えるパターンが多いだけでなく、皮膚にも血流に乗って悪影響を与えてしまうおそれがあるのです。

⑨ 血管性浮腫

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

「血管性浮腫」とは、別名「クインケ浮腫」と言われ、主にまぶた・唇に腫れが生じる肌トラブルを指します。(そのほか手足や全身に出ることもあります)

蕁麻疹は肌表面にあわれる特徴がある反面、血管性浮腫は皮膚の奥に生じる傾向があり、蕁麻疹と併発するケースに遭遇する人もいます。

この場合の浮腫はかゆみが伴うことはなく、数日(2日~5日前後)で症状は収束していきますが、数センチ~10センチものサイズの腫れが見た目にハッキリ現れるのが厄介な点といえます。

また、顔面の腫れは痛みや違和感がセットになる場合が多く、浮腫ができている間は多少つらく感じるかもしれません。

肌の表面に現れるだけでなく、口腔内にも生じるケースもあり、食事を摂る際にやや苦労するばかりでなく生命に直結する大事に至る場合もあります。

酷い状況では呼吸困難からの意識障害に陥るおそれも…。

症状があらわれるペースには個人差があり、毎月のように頻繁に遭遇する人、数年の間隔で遭遇する人とさまざまです。

 

蕁麻疹の種類特定に困ったら医療機関の診断を受けよう

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

蕁麻疹の患者総数のおよそ7割は原因不明で、「特発性じんましん」という名称があります。

蕁麻疹は実際に原因がハッキリしているものは3割弱です。

重毒なけー-スでは、呼吸困難・意識障害といった生命に厄介なトラブルに発展するおそれもあるため、一人で悩むのはお勧めできません。

蕁麻疹が繰り返し肌にあらわれるのであれば、肌の色素沈着、呼吸困難、意識障害、といった深刻なレベルに至る前に早期に医療機関での診断を受けておいた方が賢明です。

診断をスムーズに進めるために、

(1)症状がピークを迎えた際の肌の状態の詳細をメモしておく
(2)蕁麻疹があらわれた肌の写真を撮影・記録しておく

この2点をきちんと抑えておくことをお勧めします。

 

蕁麻疹の種類についてのまとめ

蕁麻疹の種類はいろいろある! 軽度なもの以外にもキケンな症状も…

蕁麻疹の7割は原因不明ではあるものの、残りの3割は原因は特定できています。

蕁麻疹は、その症状が6週間以内に収束する「急性蕁麻疹」とそれ以上継続する「慢性蕁麻疹」に大別されます。

上記に説明したとおり、蕁麻疹は、アレルギー、摩擦、ストレス、発汗など、さまざまな要因が考えられます。

軽いかゆみで収まるだけでなく、血管性浮腫の場合は呼吸困難からの意識障害で命を落とすキケンもあるため、つらい違和感を感じたら早期に医療機関を利用して積極的な解決を図ってみてください。

大切な身体を自身で守っていきましょう。

 


関連記事

-蕁麻疹

Copyright© これで治る!水疱瘡や蕁麻疹の正しい対処法はコレ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.