蕁麻疹

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

更新日:

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

蕁麻疹は、何も知識がない人が遭遇するとヒヤリとするかもしれません。

あまり知られてはいませんが、生活環境や温度によっても蕁麻疹がもたらされるキケンがあったりします。

ここでは、「寒冷蕁麻疹の原因・症状」についてご紹介していきます。

寒冷蕁麻疹とはなに? 原因は?

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは? 

「寒冷蕁麻疹」とは、名称のとおり「寒冷」が影響することで発生する蕁麻疹を意味します。

食べ物・ハウスダストによるアレルギー性蕁麻疹とは異なり、そしてストレスによる心因性蕁麻疹とも異なり、生活環境や温度に何かしらの問題がある場合が多い特徴があります。

寒冷蕁麻疹に共通している原因は、「急激な温度の変化」です。

具体的にいうと、体内にある「ヒスタミン」による身体の防御反応。

「ヒスタミン」が、身体を守ろうと皮膚部分の血管を拡げる過程で、血管外に血漿(けっしょう)が飛び出します。

この一連の流れが寒冷蕁麻疹のメカニズムなのです。

遭遇するピークは、肌寒さを感じる秋から冬にかけての間に集中します。

スポンサーリンク

寒冷蕁麻疹によってあらわれる症状とは?

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

寒冷蕁麻疹による症状の多くは、一般的な蕁麻疹と同じで「かゆみ」「チクチクした痛み」「焼けるような感覚」を伴います。

それらの症状が発生する箇所は全身のいたる場所。

寒冷蕁麻疹は、秋から冬にかけて遭遇しやすいため、「しもやけ」と混合されがちですが、しもやけは「手足・鼻・指先が赤く腫れ、痛みが走る」症状が中心なので、判断を間違えないように注意が必要となります。

寒冷蕁麻疹の症状が出やすい時期・状況とは?

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

寒冷蕁麻疹の症状で、よくあるパターンを挙げてみました。

順番にチェックしてみましょう。

①温かい場所から急に冷たい場所へ移動する

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

(夏)汗をかくほど不快に感じる外から、エアコンの良く効いた室内に入った場合は身体の蕁麻疹の発生のおそれがあります。

また、日光浴で身体が温まったあと、急に冷たいプールに入り、激しい体温低下を招いた際も寒冷蕁麻疹のリスクが高まります。

(冬)暖かく快適な場所から寒い場所に移る状況は、寒冷蕁麻疹の発生リスクとなります。

エアコンやストーブあった場所から冷たい空間で何かしなくてはならない場合、または入浴後に急激に体温が冷えてしまう居住環境の場合は警戒が必要です。

はだしで冷たくなっている床に直接触れるのは要注意。

②夏に冷たい飲み物・食べ物を摂取する

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

(夏)体内が暑さを感じる状況で、冷たいドリンク・かき氷・アイスなどを食べた場合、寒冷蕁麻疹を招くおそれがあります。

スポンサーリンク

(全シーズン)身体を動かし、汗が出ている状況から冷たいものをクールダウンのために摂り込む際にも注意が必要です。

…と、寒冷蕁麻疹は「寒さ」を感じることが発生リスクを高めます。

こんな人は注意! 寒冷蕁麻疹になりやすいパターン

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

上記の状況は全ての人に共通するケースとは限りません。

寒冷蕁麻疹は、あなたの「体質」によっても発生リスクが変わってくるためです。

寒冷蕁麻疹になりやすいのは

(A)血行不良・冷え性の人
(B)頻繁に寒さを感じる人
(C)鳥肌がよく出る人
(D)筋肉量が少ない人(痩せ型も)
(E)日中以外にスポーツする習慣がある人
(F)冬に重ね着をして汗をかく人
(G)乾燥肌な体質の人
(H)生まれつき汗っかきな人

…など、が挙げられます。

寒冷蕁麻疹の症状を避けるために必要な3つのポイント

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

寒冷蕁麻疹は意識次第で、その症状に至る状況を避けることは可能です。

どのように回避していくのか、主なものを紹介していきましょう。

① 身体にとっての快適な温度を維持しよう

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

秋から冬にかけて集中する寒冷蕁麻疹は、身体の快適に感じられる温度環境によって回避が期待できます。

スポンサーリンク

入浴後の寒い時期のために、簡易型のヒーターなどを利用してみるもの良いと思いますし、床暖房のリフォームといった対策も有効です。

加えて、あなたが持っている衣類全般を見直し、暖かさを維持できるものを揃えておくと良いでしょう。

体温が低い悩みを持ちやすい女性は、冬にはなるべく肌を直接外気に触れさせない意味でも、ノースリーブ・ローライズ系のジーンズ・スカートといったものを回避するのが賢明です。

②ドリンク・食べ物にも気を配ろう

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

頻繁に冷たいものを食べたあと、蕁麻疹ができるのであれば、口にするべき量を減らしておくことが対策として有効となるはずです。

特に夏場はキンキンに冷えたものを欲しいと思ってしまいますが、いつもよりも食べる頻度・量・ペースに気をつけてみましょう。

加えて、偏食は肌の免疫力を下げる乾燥肌にもつながり、そこから蕁麻疹のリスクが高まることも憶えておくことをオススメします。

③ 寒冷刺激に強い身体をつくろう

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

寒冷蕁麻疹になりやすい人の特徴として上記にその例を挙げましたが、とくに、

「血行不良・冷え性の人」「頻繁に寒さを感じる人」「筋肉量が少ない人(痩せ型も)」

は、身体の血の巡りが低く、基礎体温が低い可能性が高いです。

要するに、運動不足である可能性が高いということ。ということで、まずは運動する習慣を作ってみてはいかがでしょう?

室内でできる簡易的なエクササイズをまいにち少しずつくり返すだけでも長期的にみれば良い効果をもたらしてくれるはずです。

寒冷蕁麻疹の症状が実際に出たらどうしたらいい?

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

避けているつもりでも、実際に寒冷蕁麻疹の症状があらわれた場合、まずは患部を「温める」ことが大切です。

移動時には予備の服、ネックウォーマー、カイロ、マフラー、ストール、など保温性を高めるアイテムで対処してみましょう。

一般的な蕁麻疹の場合は、腫れた部分を「冷やす」ことで緩和されるのですが、冷えた状態が影響する寒冷蕁麻疹の場合は、それとは対照的な対策が必要となります。

ただし、極端に肌への負荷を掛けながら温めてしまうのも問題で、「温熱蕁麻疹」を誘発しかねないため、極端に熱さないように、注意を払っておきましょう。

軽度な症状で済むのなら様子見を考えておくと良いかもしれません。

市販のかゆみ止めを用いれば症状の緩和も期待できると思います。

ただし、つらく感じる症状が長時間・長期間継続する場合は、用心のためにも病院での早期診断で対処するのが無難です。

病院での診断をスムーズに進める意味でも、

  • 症状があらわれた時の患部画像保存する
  • 何時・場所・温度・症状など、詳細メモする

と、いった2点を用意してみてください。

寒冷蕁麻疹の原因・症状についてのまとめ

「寒さ」がかゆみに? 寒冷蕁麻疹をもたらす原因と症状とは?

「寒冷蕁麻疹」とは、「寒冷」が影響することが原因の蕁麻疹です。

寒冷蕁麻疹の症状は、「かゆみ」「チクチクした痛み」「焼けるような感覚」といった変化を伴い、皮膚のある全身のどこにでもそのリスクが潜んでいます。

寒冷蕁麻疹は、寒い状況が発生リスクを高めるほか、血行不良、汗っかきな体質、極端な温度変化のある環境、などが寒冷蕁麻疹の発生リスクを高めるため、「なるべく激しい温度変化を避ける意識」をもちましょう。

寒冷蕁麻疹は、「温度・環境の改善」「食べ物・ドリンク」「寒冷刺激にまけない身体づくり」などで発生リスクを抑えることが期待できます。

寒冷蕁麻疹の症状があらわれた場合は、患部を「温める」ことを考えておきましょう。

問題が深刻なレベルと自覚できるのなら、病院での診断をはやめに行ってみてください。

とにかく、重要なのは「寒冷」による肌の負担をなくすこと。

大切な身体を自身でしっかりまもっていきましょう。


関連記事

-蕁麻疹

Copyright© これで治る!水疱瘡や蕁麻疹の正しい対処法はコレ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.